鹿角霊芝の効能・効果|抗がん剤治療・放射線治療の副作用の軽減効果


鹿角霊芝の有効成分の働きによって、
抗がん剤治療における、抗がん剤の副作用の軽減効果、
放射線治療の副作用の軽減効果が期待できることは、
専門機関の多くの研究結果によって立証されています。

その研究結果などは、ネット等でも簡単に検索できますので、
今回は、そのポイントをご紹介致します。

抗がん剤治療や放射線治療の副作用には、患者さんが症状として感じる、
嘔吐や吐き気、極端な疲労感や食欲不振、脱毛や口内炎、
手足のしびれや味覚障害など様々ですが、

血液検査でわかる
白血球数の減少による免疫力の低下も大きな副作用の1つです。

様々な研究結果によると、
抗がん剤投与のみの場合と抗がん剤投与の際に鹿角霊芝を併用した場合、

抗がん剤投与のみの場合に比べて、
抗がん剤投与の際に鹿角霊芝を併用した場合の方が、
明らかに、白血球数の増加が認められます。


また、鹿角霊芝に含まれる有効成分の1つ、有機ゲルマニウムには、
抗酸化作用の他に痛みを緩和する作用もあり、

鹿角霊芝の有効成分・効果として一番有名な
「β‐グルカン」の抗腫瘍作用・免疫力増強作用と相まって、
体質の好転に寄与します。

抗がん剤治療中、あるいは放射線治療中に鹿角霊芝を併用した場合の
食欲・精神・体力・睡眠の良好な状態、つまり、抗がん剤の副作用の軽減効果が、
臨床結果として、多数報告されています。

関連記事

ページ上部へ戻る